第27回基金賞への応募・推薦締め切りは2021年10月末です

 

 第27回平和・協同ジャーナリスト基金賞への推薦・応募の締め切りは2021年10月末です。授賞に値する優れた作品、活動をご推薦ください。自薦でもかまいません。対象は反戦、平和、反核、軍縮、協同・連帯、人権擁護などに関する作品、活動です。
 対象となる作品は2020年11月以降に発表されたものです。新聞、週刊誌、月刊誌、ミニコミ紙などの記事、単行本、写真集、映画、テレビ番組、ビデオ、DVDなど。ネット上の作品は対象としません。
 記事類は実物かそのコピー、単行本は本そのもの、ビデオ、DVDやテレビ番組はそのコピーを、それぞれ簡単な推薦理由(A4で1枚程度)を添えて運営委員会までお送りください。返却が必要な場合はその旨を明記してください。 昨年は75点(活字部門36点、映像部門39点)の応募・推薦がありました。

入賞発表と基金賞贈呈は2021年12月初旬を予定しています。もし昨年から猛威をふるっている新型コロナウイルスの感染がさらに拡大するような事態になった場合は、基金賞の選考・贈呈を延期せざるを得ません。そうなった場合は事前にその旨を発表します。



■作品の送り先

〒107-0051 東京都港区元赤坂1-1-7-1103 
平和・協同ジャーナリスト基金運営委員会