今年度基金賞の候補作品決まる

 

 第23回平和・協同ジャーナリスト基金賞への推薦・応募を2017年10月末で締め切ったところ、74点が集まりました。内訳は活字部門35点、映像部門39点でした。

 11月中に開く選考委員会で基金賞を贈る作品・作者を決定し、12月9日(土)に東京・日比谷の日本記者クラブで贈呈式を行います。

 

  第23回平和・協同ジャーナリスト基金賞にノミネートされた作品(2017年)

 

                到着順、●は映像関係、カッコ内は推薦者名、敬称略

 

●1 西嶋真司監督作品「抗い 記録作家林えいだい」<RKB毎日放送・グループ現代、2016>(鎌倉悦男、佐藤博昭、中村易世)

●2 後藤幸一監督作品「非戦と自由への想い―映画作家黒木和雄―」<パル企画、2016>(鎌倉悦男)

●3  小森はるか監督作品「息の跡」<カサマフィルム・小森はるか、2016>(鎌倉悦男)

●4  三上智恵監督作品「標的の島 風かたか」<ドキュメンタリージャパン・東風、2017>(鎌倉悦男)⇒同監督の「標的の村~国に訴えられた沖縄・高江の住民たち~」(琉球朝日放送制作)が2004年PCJF賞奨励賞を受賞

●5 伏原健之監督作品「人生フルーツ」<東海テレビ、2017>(鎌倉悦男)

●6 山田徹監督作品「新地町の漁師たち」<配給・山田徹、2016>(鎌倉悦男)

●7 ジル・ローラン監督作品「残されし大地」<配給・太秦、2016>(鎌倉悦男)

●8 石川梵監督作品「世界でいちばん美しい村」<配給・太秦>(鎌倉悦男)

 9 永井靖二「司法と憲法9条」<日本評論社、17・5・3>(小俣光子、岩垂弘)

 10 横田一「新潟県知事選でどうして大逆転がおこったのか。」<七ツ森書館、17・2・1>(岩垂弘)

  11 齋藤芳弘「総理大臣の無知と無恥」<愛育出版、17・6・26>(齋藤芳弘、中村易世)

●12  安孫子亘監督作品「『知事抹殺』の真実」<ミルインターナショナルinc.、2016>(中村易世、鎌倉悦男)

●13 原村政樹監督作品「いのちの岐路に立つ~核を抱きしめたニッポン国~」<製作委員会、2017>(中村易世、鎌倉悦男)

●14 島田恵監督作品「チャルカ~未来を紡ぐ糸車~」<六ヶ所みらい映画プロジェクト>(鎌倉悦男)⇒島田氏は2001年に写真集「六カ所村」でPCJ賞奨励賞を受賞

●15 河邑厚徳監督作品「笑う101歳×2 笹本恒子・むのたけじ」<ビクチャーズネットワーク>(鎌倉悦男)

●16 黄インイク監督作品「海の彼方」<木村映画・シグロ>(鎌倉悦男、佐藤博昭)

  17 西村奈緒美・朝日新聞記者の「南洋の雪」<朝日新聞高知版連載、16・5~12>(小田川興)

 18 作・松元ヒロ、絵・武田美穂「憲法くん」<講談社、16・12・19>(青木和子)

 19 写真・文、アキノ隊員(本名・宮城秋乃)「ぼくたち、ここにいるよ――高江の森のちいさないのち」<影書房、17・8・5>(影書房)

 20 李鶴来「韓国人元BC戦犯の訴え」<梨の木舎、16・4・24>(丸浜江里子)

 21 望月衣塑子・東京新聞記者の「武器輸出と日本企業」<角川新書、16・7・10>と「日本のアカデミズムと軍事研究」<雑誌「世界」17年6月号>(加藤直子、岩垂弘)

 22 明珍美紀・毎日新聞記者の毎日夕刊「人・模・様」欄における一連の記事(岩垂弘)

 23 広岩近広「核を葬れ!」<藤原書店、17・8・6>(藤原書店)

●24 大宮浩一監督作品「夜間もやってる保育園」<2017>(鎌倉悦男、佐藤博昭)

●25 岩崎雅典監督作品「福島いきものの記録シリーズ5~追跡~」<群像舎、2017>

(鎌倉悦男)

●26 笠井千晶監督作品「Life生きてゆく」<2017>(鎌倉悦男)⇒同監督の「法服の枷 沈黙を破った裁判官たち」(中京テレビ制作)が2009年にPCJF賞奨励賞を受賞

●27 本橋成一監督作品「ベラルーシ再訪2017」<2017>(鎌倉悦男)⇒同監督の「ナージャの村」が1997年にPCJF賞選考委員賞を受賞

●28 堀切さとみ監督作品「原発の町を追われて3 双葉町・ある牛飼いの記録」<2017>(鎌倉悦男)

●29 松原保監督作品「被ばく牛と生きる」<2017>(鎌倉悦男)

●30 佐古忠彦監督作品「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」<2017>(鎌倉悦男)

●31 阪本順治監督作品「エルネスト―もう一人のゲバラ―」<日本・キューバ合作、2017>(鎌倉悦男)

●32 代島治彦監督作品「三里塚のイカロス」<2017>(佐藤博昭)

●33 佐々木芽生監督作品「おクジラさま ふたつの正義の物語」<2017>(佐藤博昭)

●34 NKK大阪「ある文民警察官の死~カンボジアPKO23年目の真実~」<17・6・17放映>(佐藤博昭)

●35 広島テレビ「4400人が暮らした町~吉川晃司の原点・ヒロシマ平和公園」<17・8・7放映、NNNドキュメント>(佐藤博昭)

●36 NHK「NHKスペシャル スクープ沖縄と核」<17・9・10放映>(中村易世)

●37 テレビ朝日「原爆が奪った女子学生315人の青春~アメリカ『極秘文書』に隠された真実~」(佐藤博昭)

●38 テレビ朝日「ビキニ事件 63年目の真実」<17・8・6放映>(佐藤博昭)

●39 BSフジ「われら百姓家族 遺言」<17・5・7放映>(佐藤博昭)

 40 橋本勝の長年にわたる政治風刺漫画(岩垂弘)

 41 関千枝子、中山士朗「ヒロシマ往復書簡 第3集 2014-2016」<西田書店、17・6・10>(小俣光子)

 42 大内照雄「米軍基地下の京都 1945年~1958年」<文理閣、17・7・25>(自薦)

  43 編集委員会編「ビキニ核被災ノート 隠された60年の真実を追う」<太平洋核被災支援センター、17・3・1>(足羽潔)

 44 長尾俊彦「国家と石綿」<現代書館、16・11・30>(自薦)⇒2001年に「干潟の民主主義」でPCJF賞奨励賞を受賞

●45  NHKスペシャル「それでも、生きようとした~原発事故から5年」<17・1・9放映>(中村易世)

●46 NHKBS1スペシャル「ノーベル文学賞作家 アレクシエービッチの旅路」<17・2・19放映>(中村易世)

●47 NHK・ETV特集「告白 満蒙開拓団の女たち」<17・8・5>(中村易世)

●48 NHKBS1スペシャル「原爆投下 知られざる作戦を追う」<17・1・14放映>(中村易世)

●49 日本テレビNNNドキュメント「9人も死んでしまった…トモダチ作戦で頑張ってくれた若き米兵らが原発事故の放射能で被曝し健康を害したとして400人超が裁判を起こしている事をあなたは知っていますか?」<17・10・9放映>(中村易世、佐藤博昭)

50  清水まなぶ「追いかけた77の記憶 [信州全市町村戦争体験聞き取りの旅」<信濃毎日新聞社、17・10・23>(伊藤隆)

51 ダニー・ネフセタイ「国のために死ぬのはすばらしい?」<高文研、16・12・8>(斉藤裕子)

52 広島市立基町高等学校創造表現コース・美術部「被爆者の体験を絵で再現する活動と10年間の作品集」(中村易世)

  53 伊藤詩織「Blac Box」<文芸春秋、17・10・18>(中村易世)

 54 増田康雄「多摩の戦争遺跡」<新日本出版社、17・7・25>(加藤直子)

 55  西日本新聞取材班「新 移民時代」<16・12~17・9>(宮崎昌治)

 56 中国新聞取材班「核なき世界への鍵」<17・1~10>(水本和実)

  57 朝日新聞・沖縄タイムス共同企画「よみがえる沖縄1935」(朝日新聞)、「1935沖縄よみがえる古里」(沖縄タイムス)<2017>(伊東聖)

 58 沖縄タイムス社取材班「銀髪の時代『老い』を生きる」<17・1・1~>(白崎朝子)

 59 沖縄タイムス社編集局「沖縄は忘れない」<16・11・30~17・10・27>(磯野直)

 60 鎌田慧「声なき人々の戦後史」(上・下)<藤原書店、17・7・10>(関千枝子)

 61 正子・R・サマーズ著、原義和編「沖縄からアメリカ 自由を求めて!正子・R・サマーズの生涯」<高文研、17・9>(芦澤礼子)

●62 琉球放送「Born Again 画家 正子・R・サマーズの人生」<16・12・3放映>(芦澤礼子)

●63 熊本けんみんテレビ「私を見て ミナマタから世界へ 魂の叫び」<17・10・29放映、NNNドキュメント>(中村易世)

 64 アジア記者クラブ通信及びアジア記者クラブの一連の活動(木村知義)

 65  梅田正己「日本ナショナリズムの歴史」全4巻<高文研、17・9~10>(山本邦彦、小田川興)

 66 写真・山城博明、解説・伊波義安「沖縄 抗う高江の森」<高文研、17・1・25>(山本邦彦)

 67  沖縄タイムス社編集局編著「これってホント? 誤解だらけの沖縄基地」<高文研、17・3・25>(山本邦彦)

  68 琉球新報社編集局編著「これだけは知っておきたい 沖縄フェイク(偽)の見破り方」<高文研、17・10・25>(山本邦彦)

●69 日本テレビ「戦争のはじまり 重慶爆撃は何を招いたか」<17・5・2放映、NNNドキュメント>(境一敬)

  70 東京新聞の「こちら原発取材班」と「こちら特報部」による一連の原発報道(稲熊均)

●71 NHK・ETV特集「原爆と沈黙~長崎浦上の受難~」<17・8・12放映>(木村知義)

  72 信濃毎日新聞「漂うマツシロ」<17・8・12~16>(亀岡敦子)

 73 望月衣塑子・東京新聞記者の「新聞記者」<角川新書、17・10・10>(堀由紀子、芳賀法子)

●74 関西テレビ「夢への扉 『課題研究』~先生を超えて進め~」<17・6・28放映>(佐藤博昭)

UP

 

©2007 平和・協同ジャーナリスト基金 All rights reserved.

Produced byGINNOHOSHIATELIER.(webmaster)